日本レトロゲーム誌研究会電子化部

全レトロゲーム誌の電子化希望!…その日まで収集した80~90年代の雑誌の一部見処を、小さめの画像で紹介しつつ、ゲーム誌の歴史等の研究(と称した想い出語り?)を行うブログです。レトロゲーム誌が懐かしい方の意見もお待ちしてます。★を付けて頂くだけでも今後紹介する参考になります。

【1986年】【3月号】月刊ポプコム 1986.03

チラッとリツイートで予告してました、月刊ポプコム 1986年3月号 です。

f:id:MULTi88:20200308013233j:plain

この号じゃないのですが、アイドルがこの加工されたポプコム見ると、PC-6601が歌うタイニーゼビウスを思い浮かべます^^ 好きで特別映像バージョン動画作ったりしたなあ。

f:id:MULTi88:20200308021254j:plain

目次です。AMIGAの記事載ってるのですが、出たばかりでゲームや性能の詳細が無くイマイチだったので、今回紹介しません^^;

f:id:MULTi88:20200308022512j:plain

RPGモンスター辞典に続けて、RPGレポートとしてザナドゥハイドライドⅡとこちらの夢幻の心臓Ⅱが載ってます。確かにドラクエⅠとアチコチ似てるなあとは思いますね^^;

f:id:MULTi88:20200308023434j:plain

格闘技特集。格ゲーブームのかなり前ですが、初期のヒットゲーム、イーアルカンフーの続編紹介からです。タイマン戦だった前作から一変、スパルタンXぽく一対多で戦いつつ進んで、前作風ボス戦の構成となってます。前作と異なりMSXでしか遊べないのが、ポイント高いですね^^

f:id:MULTi88:20200308025021j:plain

スパルタンXがかなり前に88等に出てたんで、名前が聖拳アチョーに変更されたんですよね、MSX版。この記事では一切タイトル名に触れてませんが^^;

f:id:MULTi88:20200308030108j:plain

88やX1版も載ってましたが、キャラが大きいしMSX版の方が全然良さげですね、チャンピオンプロレス^^ やはりスプライトは偉大です。まぁ私が当時遊んでたのは88版か、ファミコンのタッグチームプロレスやディスクシステムのプロレスでしたが、プロレスゲームはキャラや技が多いのが楽しかったです^^

f:id:MULTi88:20200308030725j:plain

ボクシングゲームも色んなハードでちょいちょい出てましたね。こちらはキャラがデカくて個性的で、見栄えが良いです^^

f:id:MULTi88:20200308031059j:plain

カラー10ページ使ってロボット特集。トミーやバンダイ等の、音声認識等のセンサーで動いたり、二足歩行出来たり、MSXや88等でプログラムして動くロボットを多数紹介してます。アレっ、ファミコンのロボットは古過ぎて対象外?

f:id:MULTi88:20200308130906j:plain

88シリーズ徹底比較で、まずカラーでCMの変遷。初代が「仕事一途」だったのが、98の登場と6001や8001mkⅡの存在からか88mkⅡは「仕事の達人、遊びの達人」となってます。遊びの達人ならCMD SINGみたいな誤魔化しサウンドでなく、6001にすら載ってるPSGやジョイスティックポート位ホント付けて欲しかった>< SRのCMでは一気にスペックアップした、FM音源を全面に出してます。

f:id:MULTi88:20200308133743j:plain

ファミコン版のマグマックスと、アーケード版の影の伝説が紹介されてます。それぞれアーケード版とファミコン版がありますが、当たり前ですがグラフィックはアーケード版がかなり良いですね^^ 影の伝説ファミコン版は買いましたが、単調で直ぐ飽きましたが><

f:id:MULTi88:20200308152407j:plain

こんなゲームがおもしろい、ではデゼニワールドから紹介されてます。人気だった前作からかなりグラフィックとか良くなったのですが、人気はイマイチでしたね^^;

他にも、ブレインブレイカーやナイトロアー、MSXグーニーズ三國志等が紹介されてます。

f:id:MULTi88:20200308213541j:plain

こんな紹介のされ方もどうかと思いますが、こんなソフトもありましたのコーナーで、以前Beepで紹介したスカーレット7やZガンダム、その他紹介されてます。

f:id:MULTi88:20200308222934j:plain

88シリーズ徹底比較の続きです。初代はヒットした8001との互換があり、mkⅡの発売までに約17万台売れていたとの事で、mkⅡの欠点だったサウンドとグラフィック描画速度を大幅改善したSRは更に大ヒット。FR/MRの発売までに計50万台売れたそうです。

f:id:MULTi88:20200308231218j:plain

それで8bit機のほぼ勝者となったため仕様変更がしにくくなったのか、1年経たず登場したFRは廉価版、MRはRAMと漢字とフロッピードライブの強化のみで、FM-77の様に4096色使える様にとかX1turboの様に640×400ドットで8色使えるとか、グラフィック面の強化は最後まで行われないままとなりました。(半分別物となった88VAで思い切り強化されますが)